MENU

わきがの臭いを改善する為の効果的な体の洗い方

わきがの臭いは非常に特徴的で、周囲の方々にも深いな思いをさせてしまうもの。
そのため、わきがの臭いでお悩みの場合、「外出したくない」とか、「人に会いたくない」とか…そういった悩みを抱えてしまいがちです。
もちろん、体をきれいに洗っているのに、なぜかわきがの臭いが消えない、といったように、清潔を心がけているにもかかわらず、どうしても臭いが消えてくれないと、途方に暮れてしまっている方も少なくないはず。
実は、わきがを改善するためには、正しい体の洗い方をマスターすることが大切なのです。

 

ゴシゴシと強く、何度も洗うのは逆効果

わきがの臭いが気になると、どうしてもその場所をゴシゴシと強く、長時間にわたって洗いがちになります。しかし、この洗い方こそが、わきがをさらに増幅し、嫌な臭いを発しやすくしてしまうのです。
皮膚は外からのダメージから体を守るために、皮脂を分泌します。
実は皮脂は過剰に分泌されてしまうと、悪臭を発する原因となってしまうのです。
ゴシゴシと強く洗うことによって、その箇所は多くの小さなキズがついてしまいます。
そこで、皮膚は皮脂を分泌して肌を守ろうとするのです。皮脂は皮膚を守る上で適度な量の分泌は必要です。しかし、強く擦るように洗うことで、皮脂の分泌は過剰となり、わきがを助長してしまうことに繋がってしまいます。

 

まずは優しく洗うことを心がけましょう

わきがの臭いを消したいという思いから、汚れをしっかり落とすために、どうしても強く洗ってしまいがちですが、わきがを改善するためには、まずは体を優しく洗うことを心がけましょう。
ナイロン製のタオルなど利用して、日頃からお風呂で体を洗っている方も多いかと思いますが、わきがに関しては、あまり肌に刺激を与えないように洗うことが大切です。
そのためには、泡で洗うことを意識するといいでしょう。
特にわきがに関しては、わきの下から臭いを発します。そのため、まずは石鹸をしっかり泡立てて、あの泡を転がし、丸めるような感覚でソフトに洗いましょう。
「これで本当に汚れが落ちるの?」と思われるかもしれませんが、細かな泡が皮膚の奥にまで入り込み、汚れを流してくれるのです。

 

泡はしっかり流しましょう

さて、泡の力でしっかりと洗ったら、最後にその泡をしっかり流します。「泡は少しぐらい残ってても、消臭効果があるのでは?」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、泡の洗い残しは悪臭の原因ともなるだけでなく、雑菌が繁殖し、さらに強い臭いやニキビ、黒ずみなどの肌トラブルも引き起こす可能性があります。
泡で優しく洗った後は、シャワーなどを利用して、しっかりと優しく洗い落としましょう。
多少時間をかけても、泡で優しく洗い、成分を残さないようにしっかり洗い流します。
このことを継続していくことで、わきがの嫌な臭いは徐々に改善されていきます。

このページの先頭へ