MENU

臭う汗と臭わない汗についてとその対策

人は暑かったり、運動をしたりすると汗をかきます。しかし汗をかいたらそれが臭う人と臭わない人という違いがあります。
自分が臭う汗をかいていると気になりますよね。臭う汗と臭わない汗は何が違うのでしょうか?そして臭う汗に対してどう対処したら良いのでしょうか?

 

なぜ自分の汗は臭うの?

汗は汗腺から出るのですが、この汗腺から出る汗には二種類あります。エクリン腺とアポクリン腺と言われています。
エクリン腺から出る汗はさらさらしていて通常はあまり臭わないのですが、アポクリン腺から出る汗は粘り気があり独特の臭いを放っています。
汗の臭いが気になる、臭うという人の汗は、後者の方から出ているものだというケースが多いです。

 

汗腺の量は人によって個人差があり、アポクリン腺の量が多かったり発達している人は、わきが体質です。
その為に汗をかいた時に人よりも臭いやすくなってしまうのです。

 

 

エクリン腺から出ている汗が臭う場合

わきが体質である人の汗が臭いやすいと紹介しましたが、そうではない人の汗が臭う場合もあります。
それは汗腺機能が衰えているということが原因となっています。

 

汗をよくかく機会がある人は汗腺が鍛えられているので、臭いのない汗をかきます。
汗腺が衰えてしまう原因としては、運動をして汗を流す機会がない、エアコンなどで常に涼しいところにいて汗をかかずに夏を過ごしてしまうということが
挙げられます。

 

 

どうしたら汗が臭わなくなるの?

エクリン腺から出ている汗が臭うという場合には、運動機会を持つことが一番です。
しかし習慣として続けるのはしんどい、仕事で時間をとられて無理という人もいるでしょう。

 

そういった人は夏でも湯船につかってじっくりと汗を出すことがおすすめです。
半身浴をしてぬるま湯にじっくりつかっているとじわじわと汗が出てきますし、それを続けることが汗腺機能を取り戻すためには重要です。

 

また脇汗シートを持ち歩いて外出時に気になる時でもささっとふけるように用意をしておく、わき毛を剃っておくなども大事になります。

 

 

わきが体質で臭う場合はどうしたら良いの?

わきが体質で臭う場合には汗腺を鍛えることによって改善されるというものではありません。
わきが用のクリームなどが販売されているのでそれを使うといった、わきが用の手入れをしないとなかなか改善されません。
またわきが用の石鹸を購入して、脇を洗う時にはそれで洗う、わきが用の制汗スプレーを使うなども効果が期待できます。

 

 

汗が臭うという場合には、自分が汗腺の衰えからなのか、わきが体質なのかどちらかということを知ることがまず大事になってきます。
それによって対策が違ってくるからです。
わきがかどうか医師の診断を受けたいという場合には、皮膚科などを受診してみましょう。

このページの先頭へ