MENU

食生活とわきがについて

わきがと食べ物との関係はなかなかピンとこない人も多いと思います。
しかし科学的には大いに関係があるそうなのです。
もちろん汗が主原因ではあります。体重が増えたり,汗をかく場面が増えたりすると簡単に臭いは強くなります。
データーとして食生活を変えることによってわきがが抑えられたという結果も出ています。
しかし,直接的な改善ではないので時間がかかることは確実です。よくなるのには時間がかかるのですが,悪くなるのはあっという間です。
スナック菓子や脂っこいものを食べ続ければすぐ臭いがきつくなります。順に確認していきましょう。
まずは取らない方がよい食べ物ですが,「脂っこい食べ物」です。食べ物に含まれる脂質が臭いのもとになっています。
具体的には肉類です。脂肪酸,中性脂肪,動物性脂肪などが多く含まれています。
これらをたくさん取り続ければ,汗の中に含まれる皮脂も増加してしまいます。さらにわきの汗をかく器官のアポクリン腺を活発にし,分泌活動が刺激されてしまうのです。
そして皮脂がわきにいる菌によって分解され,においのもととなり,わきがの原因となってしまいます。乳製品も問題です。
特にバターやチーズ,生クリームなどは,見た目の通り脂肪が多く,また厄介なのは,意識していなくても料理の材料として使われていることも多く,ついつい取ってしまうことにもなります。
甘いデザートなどにも注意が必要です。その他いわゆるファーストフードと呼ばれるものやスナック菓子なども脂肪分がたくさん含まれており,日常的に取っていくと恐ろしいことになりかねません。
その他,糖分の取りすぎも問題です。甘いものがこれになります。逆に食べた方がよいものとしては,海藻類やウメボシが有名です。
脂肪分の多い酸性の食事ではなく,これらのアルカリ性の食材を使った食べ物が有効です。
根菜類や緑黄色系の野菜を多くとることも大事です。どうしても食事が欧米化すると野菜を取る量が減ってしまいます。
意識をして野菜を食べなければなりません。つまり昔ながらの和食ということになります。

魚や野菜,穀物を中心にした食生活にシフトしていくことで体質も徐々に変わり,わきがも抑えられるというわけです。
その他,食生活では早食いや大食いもだめです。
いくら食事の内容に気を使っても,早食いでは栄養分の吸収が不十分になりますし,内臓にも負担がかかります。
大食いも同じで,やはり適量が体には一番大切です。少しずつの積み重ねが大事ですね。

このページの先頭へ