MENU

制汗スプレーでわきがは防げる?

ワキガの臭いでお悩みの方々は、しばしば制汗スプレーを検討しています。汗を抑える事ができるスプレーだけに、それは臭いに対しても一定の効果が期待できるという意見もあるからです。
それゆえに臭いが気になる方々としては、制汗スプレーを買おうと考えている事もあります。
では制汗スプレーでワキガを防ぐ事は可能かと言うと、正直あまり意味がありません。
なぜならワキガとは関係が無い汗に対して働きかけてしまうからです。それを理解する為には、ワキガの臭いに関する原因を知っておく必要があります。
そもそもなぜワキガ臭が生じてしまうかというと、基本的には雑菌類が原因ではあります。
そもそもワキガに関わる汗は、アポクリン汗腺という箇所から分泌されています。そこから生じる汗には、タンパク質などが含まれている訳ですが、それが細菌類に関わってくるのです。

 

細菌類は皮膚の周りに多く見られますが、タンパク質を分解しようとする働きがある訳です。
そして細菌によってそれが分解されてしまうと、独特の強い臭いが生じてしまう事になります。
何もタンパク質だけではありません。アポクリン腺からは脂質も分泌されていますが、それも細菌類が分解する事になるのです。
上記のタンパク質と同じく、やはり悪臭が発生する事になります。
このためアポクリン腺からの汗を防ぐ事により、ワキガの臭いを抑えようと考える方々が、制汗スプレーを用いているケースがとても多いです。
しかし、実はそのスプレーはアポクリン腺に対して働きかける訳ではありません。エクリン汗腺と呼ばれる箇所に対して、働きかけてしまうのです。

 

エクリンでも、確かに汗は分泌されています。ところがそこに対する汗を抑えたところで、あまり意味が無いのです。ワキガの臭いが生じてしまうのは、あくまでもアポクリン腺になります。
そこから生じる汗を抑えても、臭いが改善される訳ではありません。
それよりも、かえってマイナスになってしまう可能性があります。そもそも汗は、ある意味デトックスの効果もあるのです。体内にある余計な物をエクリン腺から出している訳です。
それを制汗スプレーで止めてしまいますと、デトックスが促進されずに、体内に老廃物が蓄積されてしまいます。かえって悪臭の原因を溜め込む事にもなりかねません。それで余計に臭いが強くなってしまう事もあります。
したがってワキガを防ぎたいと思う時には、制汗スプレーではなく別の方法で解決を試みる方が良い訳です。

このページの先頭へ