MENU

わきがは何科でどのように診断をするの?

そばにいる人がワキガですと、そのニオイはかなり気になるものです。
しかし自分がワキガがどうかの判断は案外しずらいもの・・・そもそも汗のニオイ自体良いものではないですし、その汗のニオイが果たして純粋な汗のニオイなのかそれともワキガによるニオイなのか判別できない方も多くいるでしょう。
自分がワキガかどうかをはっきりさせるためにも、ワキガであれば治療するためにも、根本的な解決策としては病院に行くことが大切です。

 

ではワキガの診断・治療をしてもらうためには何科を受診すればよいのでしょうか?
大きな総合病院で診療を受ける場合、ワキガは皮膚トラブルの一つと考えるため、皮膚科や形成外科を受診します。
クリニックのような小規模な病院で診療を受ける場合は、美容形成外科や美容外科を受診します。
またインターネットでワキガ治療の病院と検索すると、専門の病院も多くヒットします。いずれの場合も受診する前に電話やメールなどで問い合わせてから受診することで、よりスムーズに対応してもらえるかと思います。

 

ワキガの診断方法は?

病院にもよりますが必ず問診で聞かれるのが、家族や親戚にワキガの人がいるかどうかということと、耳垢が湿っているかどうかということです。
ワキガは遺伝や体質によるものが大きいので、そういった質問で、大まかにワキガであるかどうかを判断するのです。
この他にも日常生活や身体状況の確認などの問診、ガーゼを使ったニオイの検査や血液検査などが行われます。
より正確な判断を求める場合は、ワキガの原因であるアポクリン腺の数を確認するために試験切開が行われます。このアポクリン腺の分布状況が分かれば、ワキガのニオイの強度なども分かり、より具体的にワキガの診断ができます。

 

ワキガの診断を受ける場合気を付けたいのが、病院を受診する前にデオドラント剤などワキガのニオイを予防するクリームや制汗剤などをつけていかないことです。
こういったものをつけていくと、医師から正確な診断を受けられないことにもなりかねません。また問診に正しく答えるためにも、日頃のワキガに対する意識や自分の日常生活、家族や親戚のワキガ状況などもまとめておく必要があります。
耳垢に粘り気があるか?
衣類の脇の下の部分に黄ばみがあるか?
脇の下の毛に白い粉がついたりするか?
肉類やチーズ、ジャンクフードなどを好んで食べるか?
などワキガを判断する材料について、自分の生活を見直し確認してから受診するようにしてください。

このページの先頭へ