MENU

わきがはうつるのか?

わきががうつるって本当?

ニオイはとてもデリケートな問題です。
最近ではスメハラ(スメルハラスメント)なんて言葉もあるように、不快なニオイはすでに嫌がらせ扱いです。
そのためちょっと汗のニオイを感じただけでも「自分はわきがなんじゃないか」と不安に感じる人も少なくありません。
しかも、この「わきが」がうつる、と信じている人も多くいるのです。
わきががうつることはありません。
それは、わきがは「体質」だからです。

 

わきがの原因は「汗」と「細菌」

わきがのニオイは独特です。
単に汗臭いニオイとは異なります。
では、なぜわきがが臭うのか、ご存知ですか?
わきがが臭うのは、「汗」と「細菌」が原因です。
まずは汗からお話しますね。

 

「エクリン汗腺」と「アボクリン汗腺」

汗には2種類あります。
「エクリン汗腺」と「アボクリン汗腺」から出る汗です。
エクリン汗腺は全身にあり、成分の99%が水分、残りの1%は塩化ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、尿素、アンモニア、乳酸などです。
主に体温調整が役割で、サラサラしています。
しかし、激しい運動など疲労した状態でかく汗には、成分であるアンモニアや乳酸が多く排出されるので、ニオイの原因になります。
一般的な汗臭さですが、ちょっと酸っぱいようなニオイが混ざっているのは、この成分のせいなんです。
一方のアボクリン汗腺が、わきがの原因とされている汗です。
わきの他には、乳首やへそ、耳穴、陰部など、限定された部分にしかないんです。
全身に分布していたエクリン汗腺とは対象的ですよね。
そしてその成分もまったく異なり、主にたんぱく質や脂質、脂肪酸からなっており粘着質な汗なんです。
これもまた、成分のほとんどが水分のエクリン汗腺とは、かなり違いますよね。

 

汗は無臭?

わきがが臭うのは、汗が臭いと思われがちですが、実は汗そのものは無臭なんです。
私たちの皮膚には常在菌が存在しており、肌を守ってくれています。
しかし、この菌たちは汗の成分をエサとして生きているんです。
皮膚に付着した汗を、この常在菌が栄養分として分解する際に発生するのが、ニオイなんです。
つまり汗の成分をエサに菌が増殖する時に、臭ってしまうんですね。

 

わきが菌とニオイの関係

エクリン汗腺から出る汗成分をエサにしているのは、「表皮ブドウ球菌」です。
ニオイのもとの菌だからと言って、決して悪者というわけではないんです。
表皮ブドウ球菌は、他の病原菌から私たちの体を守ってくれる、善玉菌でもあるんです。
そしてわきがの原因である、アボクリン汗腺から出る汗を好んでエサにしているのが、「コリネバクテリウム」という菌です。
この菌はアボクリン汗に含まれる、たんぱく質や脂肪酸が大好物で、別名「わきが菌」と呼ばれる、あのわきが独特の臭いの原因菌なんです。
わきがでない人にも多少は存在していますが、大好物のアボクリン汗の成分でないと増殖することができないために、臭いを発するまでには至らないんですね。
つまりわきが臭は、アボクリン汗腺から出る汗と、それを好んで増殖するコリネバクテリウム菌によってあの独特の臭いになるわけです。
一般的な汗臭さとわきが臭では、その汗も菌の種類も違うんですね。

 

結論、わきがはうつらない!

わきがの原因であるアボクリン汗腺は、遺伝によって生まれつき数が決まっていて、生涯その数が増減することはありません。
アボクリン汗腺が多ければ多いほど、わきが体質になる確率も高くなります。
アボクリン汗腺は優性遺伝で、両親のどちらか片方がわきがだった場合50%、両親ともにわきがでは80%の確率で子供に遺伝すると言われています。
遺伝ですから体質ですよね。
つまり、他人にうつるものではないのです。
しかし、わきがの人と一緒に生活した場合に、わきが体質がうつらなくても、わきが臭が臭ってしまうことはあります。
わきが臭の付いた服を着た場合などです。
他人のニオイの付いた服を着れば、香水であろうが汗臭いニオイやわきが臭であろうが、臭うのは当然です。
だからと言って、わきががうつることにはなりませんので安心して下さい。
わきが臭のメカニズムを知れば、わきががうつらないこともご理解いただけたと思います。
あなたのニオイ対策にも是非役立ててみて下さいね。

このページの先頭へ