MENU

衣服でのわきが対策に良い素材、悪い素材とは

わきがとはキツイ匂いを体が発生させてしまう体質のことです。どうしても他人に影響を与えてしまう体質のため、気にしてしまう人も多いでしょう。
そんなわきが対策として気をつける事の一つに、衣服の素材があります。

 

 

気をつけるべき素材とは

わきがはそもそも、腋の下辺りにあるアポクリン腺から分泌される汗が原因ですが、アポクリン腺の分泌物自体は無臭であるとされています。
しかしそれが皮膚上にて脂肪分などと混ざり、常在細菌によって分解されることで、臭いを発生させる物質へと変わってしまうという仕組みになっています。
衣服の素材には汗などの水分を吸収しにくく、通気性が悪いものがありますが、こういったものだとわきがの臭いは衣服の内側でこもり、酷くなってしまうわけです。
ポリエステルやナイロン、アクリルなどの化学繊維がこれにあたりますね。特にこの中で、一般的に身近な衣服に使われる事が多い素材がポリエステルです。

 

ポリエステルは避けよう

ポリエステルは吸湿性が悪く、通気性もよくありません。それにより、服の内側で細菌の繁殖が活性化されてしまい、わきがの臭いを強めてしまうわけです。
さらに化学繊維は匂いが生地に残りやすい性質も持っています。洗濯してもまだ少し臭う、などということも起こってしまいます。
ポリエステル100パーセントの服や下着などは安く手軽に手に入るので持っている人も多いのではないでしょうか。
ですがもしわきがに困っているのでしたらその衣服はできるだけ着ない方がいいでしょう。特に化学繊維の下着はわきがとは相性が最悪です。
多少値段が張っても、ポリエステルで出来たシャツなどは避け、別の素材の物を買うことをお勧めします。

 

いい素材とは

ならばわきがの人にとっていい素材とは何か。それは化学繊維とは逆に通気性の良い素材である天然繊維です。綿や麻などですね。
これらは通気を良くすることで細菌の繁殖を抑え、さらに生地に匂いが残りにくいため、わきがの臭いが外に発生しにくくなります。綿100パーセントの下着を身につけることでわきがの影響を抑えることができるでしょう。
汗がこもりやすい冬場はどうしてもわきが臭は特にきつくなりがちです。そんな冬場ですと、保温インナーと呼ばれるものを身につけたくなりますがこれらの大半は化学繊維で出来ているので注意が必要です。
ですが最近では綿でできているのに保温インナー同等の温かさを保持できる製品も売られています。わきがに困っている人は、そういった商品を探してみるのもいいのではないでしょうか。

このページの先頭へ