MENU

わきが対策にはベビーパウダーを使うと効果的?

ベビーパウダーというのは子供の肌を守るために重要なアイテムでもありますが、ワキガにも効果があるというのはご存知でしょうか?
実はベビーパウダーに含まれている成分に関しては、それなりに効果があるものなのであります。
ベビーパウダーの何がよく、どんな成分があるのか?
そのあたりを紹介していきたいと思います。

 

ベビーパウダーの成分について

ベビーパウダーの主な原料としてはコーンスターチと、タルクです。
コーンスターチというのは主にとうもろこしからとれるデンプンであり、料理にもよく使われます。
消炎、抗菌、鎮静などの作用があり、肌にもいい成分でありますから、赤ちゃんの肌にも使いやすいものといわれています。
タルクは炎症を抑える効果があり、鉱物からとれるもので化粧品にも多く使われています。

 

どんな効果を得ることができるのか?

ベビーパウダーがワキガに効果的な部分としては、ベビーパウダーが汗を吸い取ったりして肌をサラサラにするというのがワキガであるといえます。
汗を吸い取ることによって、ワキガの原因となる繁殖しやすい環境であるワキガべとべとで湿ったな状況を改善してくれますので、臭い自体を抑えてくれます。
また、先ほども紹介したようにベビーパウダーに抗菌効果もあることからも雑菌を抑える効果を期待できます。
ただし、ベビーパウダーを利用したとしても長時間効果があるわけではありません。しばらくすればまた汗が出てきたりしますので
継続的な利用が必要です。
その他にも腋臭症や多汗症を患っていると多汗の傾向があるため、ベビーパウダーを利用していてもすぐに汗が出ることになります。
ですので、ベビーパウダーを塗ってもあまり効果があるとは言えない方もいます野で、ベビーパウダーが合わないようなこともあります。

 

結局はその他の治療方法と併用して行う必要がある

ベビーパウダーはあくまで一時的にワキガを抑えるものでありますので、根本的な治療には効果はありません。
ですが、ベビーパウダー自体は薬局などによって簡単に手に入れやすいものですので、手軽にワキガ対策をするときにはベビーパウダーを利用してみるといいでしょう。
もし、もうちょっと症状を抑えたいというときには手術を検討してみたり、ワキガクリームやデオドラントといったその他の方法を利用することによって、根本的に臭いを抑えるように努めることとしましょう。

このページの先頭へ