MENU

ワキガの人には教えた方がいいのか?悪いのか?

ワキガというのはどうしても周辺の人に対して強烈なにおいを伝えてしまうものです。
そんな臭いに耐えかねてしまう感じにもなりそうですが、このにおいをどうにか相手に伝えたいものです。
しかし、教えたとしても相手を傷つけてしまいそうでなかなか教えにくいものです。
こういったときお言えた方がいいのでしょうか?

 

まずは相手との関係や性格を確かめよう

ワキガの臭いを指摘するのには、まずはあなたとその人の人間関係がどうなのかというのが大事になると思います。
相手との関係が悪いのであれば、指摘をすればもちろん怒られたりしてより悪い関係になることが考えられます。
また、親しい関係でも、相手が色々と気にする性格だったり言いすぎると精神的にふさぐような性格だと話すのにもちょっと気が引けるような場合もあると思います。
ですので、相手との関係をまずは慎重に確認しておきましょう。

 

指摘をするのにも、できる限り相手に配慮をすべき

関係性がわかったら、できる限り相手に配慮をする形で伝えていけるようにしましょう。
直接言葉を交えてするとなると、相手を傷つける危険性もありますので、言葉はじっくりと選んで指摘することによって相手もわかってくれて、改善に向けて努力してくれるような可能性があります。
また、どうしても指摘が難しい時には、ワキガのことは触れず、さりげない機会に制汗剤やウェットティッシュを配って汗の処理をしようなどというようなことを進めてみたりすれば、相手はわかってはくれなくても臭いに悩まされるようなケースはかなり少なくなる可能性もありえます。
さりげなく、相手のことではなく、自分自身のことで臭いが気になるようなことを話してみると、相手も自分から臭いのことを話してくれるかもしれませんし、気を付けてくれるかもしれません。
できる限りでいいので、相手に分かるようにすることを心がけましょう。

 

言わないことで、逆に困る人を増やす前に

言ってしまうと、相手も気に病んでしまうからといって、指摘しないままというのもかえって本人を苦しめてしまうケースもあります。
指摘しなかったことによって、より周りに臭いを伝えてしまうことがありますから、それによって顧客や友人関係などを悪化させる可能性もあります。
そうなってしまいますと、色々な面で損失となってしまいます。
そうなる前に、できる限りの対策を取ってなるべく本人が困らないように指摘をしておいた方がいいのではないかと考えられます。

このページの先頭へ