MENU

わきが対策としてのアポクリン腺の除去でニオイは消える?

臭いに関する問題に敏感な方が多い現在では、自分の体臭を気にする方も比例して増加しています。
そしてその中でも悩む方が多いのがわきがで、このわきがに悩んでいる方は様々な形での対策を行っています。
しかし基本的な対策はいずれも排出された汗をどうするかと言う物になっていて、わきがの原因であるアポクリン汗腺に直接何かをするものでは無いと言えます。
なので根本的な解決には至らず、継続して対策を行い続けなくてはいけなくなっています。
したがって根本的な対策を行った方が精神的にも金銭的にもメリットは大きくなり、その根本的な対策とは手術によってアポクリン汗腺を除去してしまう事になります。

 

アポクリン腺は手術で除去すればワキガは治るの?

アポクリン汗腺の除去手術に関して多くの方が疑問に思うのが、除去すればわきがが治るのかと言う物になります。
これは結論から先に言えばわきがは治るとされています。
と言うのも、そもそもわきがの原因になっているのはアポクリン汗腺から排出された汗になります。
このアポクリン汗腺から出た汗には脂質やタンパク質が含まれていますので臭いが発生しやすいですし、ベタついているので乾きにくいと言う特徴があります。
なので長時間にわたって臭いを感じるようになり、それがスメルハラスメントなどの問題に繋がっています。
したがってこの様な臭いを発生させやすい汗を排出するアポクリン汗腺自体を除去してしまえば、そこから汗がでなくなりますので結果的にわきがを改善できるようになっています。
また、基本的にアポクリン汗腺を除去できるのは手術だけになっています。
例えば食生活や生活習慣を改善する事である程度は臭いを抑える事は可能になりますが、その様な方法でアポクリン汗腺を減少させたり縮小させることはできません。
なので、わきがの根本的な対策としてアポクリン汗腺を除去する為には必ず病院で手術を受ける必要があります。
なおこのアポクリン汗腺と言う物はどんな方にも存在していますが、わきがの方は一つ一つが大きいですし数千個と言う数が存在しています。
これは通常では考えられない様な数になりますので、手術で取り除いてしまう事は非常に有効性の高い方法になっています。

 

手術で除去してもニオイが残る人がいるのは何故?

基本的にはアポクリン汗腺を除去してしまえばわきがは改善されますが、手術を受けた方の中には除去したのにわきがが改善されていないと言う方もいらっしゃいます。
これは主に二種類の原因があって、一つは医師の見逃しでもう一つは元々のわきが臭が強いと言う物になります。
まず手術中の医師の見逃しについてですが、一般的に行われている手術は剪除法や皮弁法と呼ばれる術式になります。
この術式は医師がアポクリン汗腺を一つずつ目視で確認してから取り除く形になりますので、やや時間はかかるもののそこにあるアポクリン汗腺を確実に除去できる確実性の高い手術になります。
しかし、上記のようにわきがの方はアポクリン汗腺の数が数千個にも及びます。
なのでどれだけ慎重に手術を行ったとしても取り残しが出てくる可能性がありますし、基本的には100パーセント確実に除去できるとはされていません。
したがってこの剪除法では見えているアポクリン汗腺は確実に取り除けますが、見にくい部分などには取り残しが発生する可能性があります。
さらに、アポクリン汗腺自体が手術で摘出する範囲よりも広く存在している事もあります。
この場合は仮に手術の範囲内のアポクリン汗腺を完全に除去したとしても他の部分から汗が排出されますので、アポクリン汗腺を除去したのにわきがが改善されないと言った状態になってしまいます。
次に元々のわきが臭が強いと言うケースについてですが、こちらはそもそもの原因がアポクリン汗腺以外にもあると言うケースになります。一般的にはわきがの原因はアポクリン汗腺なのですが、中にはわきが菌と呼ばれるコリネバクテリウキセロシスの量が異常に多い方や皮脂から出てくる脂質が酸化している事が原因の方もいらっしゃいます。
この様な方の場合は手術でアポクリン汗腺を除去しても違う原因でわきが臭が発生しますので、ある程度は臭いが抑えられますが完全に改善するには別の方法が必要になります。
さらに盲点になりやすいのが衣服で、この場合は今までに染み付いてしまったわきが臭を感じているケースが該当します。
アポクリン汗腺から排出された汗は黄色く濁っていて非常に乾きにくいので肌着などに黄色い汗ジミを作ることがあります。
この様な衣類にはわきが臭が染み付いてしまっているので、基本的には選択しても臭いが取れる事はありません。
なのでアポクリン汗腺の除去手術を行った後には、衣類のチェックをして汗ジミができている物は買い替える必要が出てきます。

 

アポクリン腺が再発する事ってあるの?

せっかく除去したアポクリン汗腺なので、再発する事を気にしている方も多くなります。
一般的にアポクリン汗腺の除去手術は固定期間が3~4日程度必要になりますし、一週間くらいは体が動かしにくくなります。なので再発したらまた大変な思いしなくてはならないので、手術を受けようとする方の多くは再発の可能性を気にしています。
しかし、一度取り除いたアポクリン汗腺が再びできる可能性はほとんどありません。
と言うのもアポクリン汗腺には再生機能はありませんので、一度取り除いてしまえばそこに再発する事はありません。
しかし、アポクリン汗腺の除去手術を受けた方の中には数年後にわきが臭が強くなってきたと言う方がいらっしゃいます。
なのでアポクリン汗腺が再発したのではないかと考える方も多いのですが、この場合は再発ではなく違う事が原因でわきが臭が強くなっています。
まず最初に考えられるのは取り残したアポクリン汗腺が大きくなった可能性ですが、基本的に人間の体は欠損があるとそれを補おうとする働きがあります。
例えば失明した場合に聴力が良くなったりなどのケースがありますので、失われたアポクリン汗腺を補う為に残されたアポクリン汗腺が大きくなります。
なお、この様なケースは子供の内に除去手術を受けた方に顕著に見られ大人になってから再度除去手術を受けると言うケースも多々見られます。
次に挙げられる可能性は、今までは眠っていたアポクリン汗腺が活発化したと言う物になります。
アポクリン汗腺と言う物は自律神経と密接な関係にあり、強いストレスなどが原因で活発化する事があります。
例えば大勢の人の前で何かを発表する際などには脇に汗をかく事が多いのですが、これは緊張状態からくるストレスが原因でアポクリン汗腺が活発になって事が理由になります。
また、ホルモンバランスが崩れた場合にもわきが臭は強くなります。
こちらは不規則な生活や偏った食事などが原因でホルモンバランスが乱れ、それが自律神経に影響しわきが臭を強くするとされています。
この様にアポクリン汗腺の除去手術を受けたとしても100パーセント確実にわきがが改善されるとは言えません。
手術で取り残したアポクリン汗腺が活性化する事もありますし、日々の生活においてのストレスや緊張などもわきが臭を強くする原因になります。

ただ、基本的には除去手術を受ければ一定の効果は望めますし、手術を受けた方の中には完全にわきがが改善されたと言う方もいらっしゃいます。

このページの先頭へ