MENU

緊張するとワキガはひどくなるの?

緊張すると汗が出る「精神性発汗」とは?

誰でも緊張感を感じると汗が出やすくなります。
焦ったり困ったりすると、精神的なストレスになるからです。
精神的なストレスによって大量の汗をかくことを「精神性発汗」といいます。
精神性発汗が起きるタイミングは、他人と関わりをもっている時です。
大事な会議のプレゼン中など、多くの人達から注目される場面だと汗をかきやすくなります。
ワキガの臭いが強くなるのは、精神性発汗と重なるからです。
ワキ以外の汗の臭いもプラスされることで、ワキガの臭いがより強く感じるという仕組みです。

 

緊張から解放された瞬間の汗が臭い?

緊迫した状況に置かれると、額から汗が流れるほど大量の汗をかきます。
緊張すると自律神経に影響を及ぼすためで、交感神経が活発になり、周りの状況に敏感になります。
全身汗びっしょりになるケースが多く、汗が出やすいワキも服に染みがつくほどになるのです。
でも、人によっては状況を打破した後から、ホッとして汗をかくこともあります。
これは、交感神経が治まり、代わりにリラックス状態の副交感神経に切り替わるタイミングです。
緊張している間も、解放された後になっても、自律神経の作用によってワキガの臭いが強くなるのです。

 

緊張時の汗と運動中の汗とどう違うの?

精神がピリピリしている時に汗は、じっとりと粘つきがある汗です。
これに比べて、運動している時にかく汗はサラサラしていて、乾きやすいものになります。
この違いは、脳に伝わる伝達経路が異なるからです。
運動中は体内温度を下げるために汗をかき、精神的なストレスなどは脳に伝達されません。
ですが、緊張している時は神経が過敏になっているので、直接ストレスが脳に伝わってしまうのです。
「ヤバい、今すごく緊張している」というメッセージが伝わると、粘りのある臭いが強い汗がでます。
ワキガのの臭いが強く感じるのは、このような脳への伝達によるものが影響しています。

 

緊張する前にリラックスできる方法を探す

緊張感とワキガの臭いを気にしている人は、自分1人だけが悩んでいると考えがちです。
確かにわきが体質の人のほうが、緊張時に臭いが強くなりますが、普通の人でも大量の汗をかくものです。
これまでに緊張したシーンを思い出して、自分がどのような時に汗をかきやすいのか分析してみましょう。
例えば、特定の誰かと会うと汗をかきやすくなるとか、通勤電車で混み合うと汗が増えるなどです。
人によって緊張する場面は違いますし、かく汗の量も変わります。
できるだけ汗をかかないように、緊張する場所を避けるとか、事前にリラックスできる方法を探しましょう。

 

ハンカチやハンドタオルにアロマオイルを付ける

緊張してくると五感が敏感になるものです。
他人のヒソヒソ話や息づかいなど、些細なことが気になるのです。
気にし過ぎると汗が出てきて、ワキガ臭も強くなってしまいます。
ピンチだと感じたら、嗅ぐと落ち着く香りアイテムを用意してみましょう。
ハンカチやハンドタオルなら、汗を拭く時に使えるので、アロマオイルを付けておくと安心します。
お勧めの香りは、ラベンダーやカモミールなど、副交感神経が活発になり、リラックスできるものです。
強い香水などを使うと、汗の臭いと混ざって気分が悪くなりやすいので、時間が経つと自然に消えるアロマオイルが最適です。

 

ムダ毛処理をして制汗剤を使う習慣をつける

全身で汗をかきやすい箇所は、足裏、陰部、背中、ワキ、頭です。
ワキガの臭いに悩んでいるなら、普段からワキのケアを入念にしておくと安心です。
毛が生えていると不衛生になりやすく、臭いの発生源となります。
ワキのムダ毛を処理して、制汗剤を使う習慣をつけてください。
朝出かける前に制汗剤を使っても、緊張すると大量の汗をかいて効果が発揮できない時もあります。
携帯用の拭き取りシートを使ってワキを清潔に保ち、スプレータイプやロールオンタイプの制汗剤をつけると臭いを抑えれます。
緊張するであろうイベントがある日は、直前や直後に使える携帯用の制汗剤を持ち歩くことをお勧めします。

 

運動習慣をつけると汗がサラサラになる?

普段から運動をしている人は、新陳代謝が良く、汗をよくかくようになります。
緊張してもまずは通常の汗が流れ出ることが多く、粘りと臭いのある汗をかくまで時間がかかるのです。
汗をかくことに体が慣れていますから、精神的に追い詰められる頻度も少なくなります。
でも、運動不足の人は緊張すると一気に汗が吹き出し、それによって大きなストレスを感じます。
日頃から汗を流す習慣を身に付けていると、ストレスを感じることも減るので、ワキガの臭い対策として取り入れたいものです。
定期的に運動していれば体内の老廃物も排出しますから、緊張時に出る汗の臭いもそれほど強くないのでお勧めです。

 

塩分の摂り過ぎでワキガの臭いが強くなる

緊張すると出る汗は、日頃の食習慣がかなり大きな影響を及ぼします。
塩分の摂り過ぎやアルコール、タバコ、コーヒーなどは、汗の臭いを強くしてしまいます。
緊張をほぐすためにカフェインを摂取する人も多いですが、飲み過ぎるとかえって精神がピリピリします。
1日3杯くらが限度で、タバコの本数も減らし、肉類よりも野菜をよく食べるようにしてください。
刺激物を控えると、体内に溜まる老廃物の量も減りますから、ワキガ臭が強くなるのを防いでくれます。

このページの先頭へ