MENU

ワキガの人は、足の裏のにおいも臭い?

満員電車に乗っている時、会社でただ座っている時、スポーツジムの更衣室で、人と人が友に生活する上でどうしても気になるもの、それが体臭です。
特にワキガ・・・自分自身がそうである場合も、周りの人間がそうである場合も、ただの体臭の範囲として許容できない深刻な問題になる場合もあります。

 

でもそもそも、ワキガとはどんなものか?簡単に説明していきましょう。

 

ワキガってなんのにおい?

ワキガのにおいは、結論から言うと汗腺から分泌される液体が、皮膚表面にいる常在菌によって分解されたにおいです。
そして重要なのは、人間の体には、二種類のタイプの汗腺があるということです。

 

一つはエクリン腺といわれる汗腺で、運動をしたり辛い物を食べたりした時の体温調節の為に汗を出す役割があります。
そして、そこから出された汗はほぼ100%水分で、無色透明で無臭です。

 

もう一つはアクポリン腺といわれる汗腺で、緊張したり驚いたりする事がきっかけで汗を出す役割があります。
そして、そこから出された汗は水分の他にタンパク質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分などを含み、乳白色で、ほぼ無臭です。
アクポリン腺はエクリン腺と違い、汗にタンパク質などの雑菌が好む成分が多く含まれているため、菌によって分解されるとひどい悪臭を放ちます。それが一般的にワキガのにおいとされているものです。

 

エクリン腺とアクポリン腺、どちらの汗腺もすべての人間に存在しますが、遺伝などにより生まれつき特にアクポリン腺の活動が活発だったり、アクポリン腺の量が多かったりすると、分泌する汗の量も多くなり匂いの発生も目立ちやすく、いわゆるワキガ体質、と言われます。

 

 

ワキガだと足も臭いの?

ワキガ体質の人は頭皮から足の裏まで臭い?!と思っている方はいませんか?
いえいえ、ワキガの人の匂いと足の裏の匂いは発生する原理が全く種類が違いますので、必ずしも両方のにおいが共存するということはありません。
ワキガのにおいの発生源であるアクポリン腺、実は存在する場所が限られているのが大きな特徴なのです。

 

アクポリン腺は、一般的にわきの下と生殖器周辺に多く存在し、そのほかはおへそや乳輪、肛門周辺、そして耳の穴にも存在します。
よく「耳垢が湿っているとワキガ体質」と言われるのは、耳の穴のアクポリン腺から分泌されるたんぱく質をはじめとする物質が耳垢に混じって粘性を持つことが、アクポリン腺の量や活発かどうかを判断する基準になるからです。

 

逆に言うと、上記に記載のない体の部位のにおいは、アクポリン腺由来のにおいではない可能性が高く、必ずしもわきがの人は足の裏もくさいとはいえません。
ではなぜ、足の裏が臭くなるのか。どういう人が足の裏が臭いのか。それは、足の裏のにおいの発生源であるエクリン腺が活発で、汗の分泌が多い人の場合です。

 

元々足の裏は汗腺の一種であるエクリン腺が多く存在し、汗のかきやすい場所です。
そのうえ、靴を履いたりなどで常に高温多湿状態である場合が多く、常在菌が活発に活動しやすい環境にあります。
さらに、古い角質や皮脂がたまりやすい場所でもあるので、老廃物と汗、高温多湿が混然一体となり、足のにおいの原因になるのです。

 

 

ワキガと足のニオイの関係は?

ワキガのにおいの発生源はアクポリン腺、足のにおいの発生源はエクリン腺というお話はしました。
でもどうしても、ワキガと足、両方のにおいがきついし、そんな人が多いんじゃないか、と思われがちなのは事実です。
もちろん、そういう場合もあり得ます。

 

一つは、自分の体臭に関して正しい認識を持ち得ていない人の場合です。
一般的には、思春期を迎えて自分の身なりに気を使いだすと、自然に自分の発する体臭も同時に気を付けるようになるものです。
ワキガの人もワキガでない人も、汗をかいたらすぐに体をふいて雑菌の繁殖を防いだり、足が汗をかきやすいと気づいたら制汗スプレーを吹き付けるなどです。
ですが、不幸なことに自分の体臭がどの程度かなどを考える機会もなく、家族などのアドバイスもないまま過ごしている人は、自分自身のにおいも慣れて無臭ととらえるようになり、知らず知らずの間に周囲に悪臭をまき散らしている場合もあります。
そういった人は概してワキガのケアも足の裏のにおいもケアも無頓着になりがちです。

 

そしてもう一つは、多汗症の人の場合です。
一般的には、汗は体温が上昇することによる緊張状態を緩和する為に分泌されます。ですが、多汗症の人はエクリン腺の発汗を司り、体をアクティブにする神経である交感神経が過剰に活動して必要のない状況の時に汗を発する信号を送るようになっています。
ちなみに、アクポリン腺の発汗を司るのはアドレナリンで、多汗症の発汗とは無関係です。ですのでもし、元々ワキガ体質の人が多汗症となってしまった場合、ワキガと足の裏のにおいが共存することになります。

 

 

いかがでしょうか。
ワキガはアクポリン腺由来のわきや生殖器周辺から発するにおい、そして足の裏のにおいはエクリン腺由来の常在菌や老廃物が混ざって高温多湿で分解することによって発する匂いです。
どちらも状況によれば強烈な匂いではありますが、ワキガの人は足の裏が臭い、またその逆、という事は必然ではありません。

このページの先頭へ